新聞ニュース記事に関する日記

ある会社の経営者です。主に、大手新聞各紙のニュース、論説の比較をしていくつもりです。よろしくお願いします!

新聞各紙の読み比べによるニュースの理解

新聞というものの役割は、新しいニュースを正しく理解するということであると言えるかもしれません。ただ、新聞にも色々な種類がありますから、ほんとうに新しいニュースを正しく理解するためには、新聞各紙を比較して、どの新聞のニュースが正しいのかということまで考えていかなければならないと言えるでしょう。

それでは、新聞各紙をどのように比較していったらよいのかということですが、第一に見出しを比較していくという方法があります。すなわち、多くの人が新聞の記事の内容まで読まずに、見出しを眺めるだけで情報を判断しているということを考えますと、とのような見出しをつけているのかということによって、その新聞の特徴が判ってくるわけです。例えば、同じニュースであっても、時の政府を応援するような立場に立っている新聞なのか、時の政府に批判的な立場をとっている新聞なのかというようなことが、見出しだけからでも判ってくるわけです。

 
それでは、色々な新聞による立場の違いをもっと理解するためにはどうすればよいのかと言いますと、それは新聞の見出しだけではなく記事の内容まで読んでみるということですが、ここで困るのは記事の分量が多すぎてどの記事を読めばよいのか迷ってしまうということです。すなわち、1つの新聞だけでも読み切れないほどの記事があるのに、色々な種類の新聞を読み比べてみるというのであれば、恐ろしいほど時間がかかってしまうと思えるわけです。

そこでお勧めできる方法が、各新聞の論説記事を読んでみるという方法です。そうすれば、各新聞を読み比べてみる時間を節約することもできますし、記事を読んでみたが単なる事実の説明だけで何の主張もなされていなかったというようなことを避けることもできます。

でも、そんな新聞を読んでいる時間はないという方の場合には、テレビの報道番組を利用するという手もあります。すなわち、日本のテレビ業界の場合には、各キー局の背後に新聞社が控えていることが多いですから、そのテレビ局の報道内容が各新聞の論説記事と連動している場合が多いと言えるわけです。つまり、このテレビ局で放送している報道番組は政府寄りの解説をしているが、別のテレビ局で放送している報道番組は政権を批判する解説が多くなっているというようなことが、テレビ番組を見比べることで判ってくるわけです。そして、このようなテレビ報道番組の内容は、全て新聞記事がもとになっているということになります。