新聞ニュース記事に関する日記

ある会社の経営者です。主に、大手新聞各紙のニュース、論説の比較をしていくつもりです。よろしくお願いします!

泥沼化を見せるお家問題

皆さんこんにちは!!

韓国のロッテのトップでもある重光昭雄氏が横領等の疑いで起訴されることが時間の問題となっている。恐らく、重光宏之氏がトップに返り咲くだろう。今回は、韓国のお家問題について時系列を遡りながら書いていきたいと思う。

 

まずは、ロッテホールディングスは言わずと知れた大企業であり、創業者は重光武雄氏である。日本、韓国両国にロッテはあり、日本のロッテは長男の重光宏之氏、韓国のロッテは次男の重光昭雄氏がそれぞれ任されていた。

しかし、ある時、日本のロッテの代表取締役社長でもある佃氏が、武雄氏に対し、宏之氏に関する虚偽のまたは著しく誇張をした報告を行った。武雄氏は佃氏に対してもともと信頼していたこともあり、この報告を鵜呑みにし、宏之氏を解任してしまったのである。しかし、これは、佃氏の個人的な暴走というわけではなく、裏で糸をひいていたのは次男の昭夫氏だったのである。

そしてその後、韓国のロッテだけではなく、日本のロッテのトップにも昭夫氏が君臨するのである。

しかし、宏之氏に関する報告が正当でなかったということを武雄氏も知ることとなる。それを知った武雄氏は宏之氏をまたロッテに戻そうと動いている。更に、虚偽の報告をした佃氏を解任しようとしている。一度は解任をのんだ形となった佃氏だが、何故か未だに現存している状況である。

そうこうしている内に新たな問題として昭雄氏が横領等の疑いで起訴されることが間違いないようだ。ちなみに武雄氏にも同じような疑惑がかけられている。ここまで泥沼化するお家問題になろうとは誰が思っていたであろうか。この一連の出来事で映画が一本出来るようなボリュームである。

 

私が思うに一番の被害者は長男の宏之氏なのではないかと思う。あらぬ容疑をかけられ、勝手に解任させられ、嘘だとわかるやいなやまた戻そうとされる。本人からしたらたまったもんじゃない!!

横領の件もほぼ間違いなさそうということから考えても、今後のロッテは宏之氏が支えていけばいいのではないかと私は思う。