新聞ニュース記事に関する日記

ある会社の経営者です。主に、大手新聞各紙のニュース、論説の比較をしていくつもりです。よろしくお願いします!

大手新聞のニュースを比較することが重要

大手新聞には、いろいろなニュースが掲載されています。一口に大手新聞と言っても、ニュースの取り扱いは異なっています。一つの新聞で大きな取扱いになっている記事でも、他の新聞では小さくなっていることがあります。また新聞ごとに記事の内容が異なっていることがあります。大きな違いがあるのではありませんが、細部が異なっています。複数の新聞を読むのは難しい場合もありますが、できるだけ読むようにすれば世の中の動きを的確に把握できるようになります。
新聞の記事を書くのは、その新聞に所属している記者です。記者は人間なので、同じ事件を取材しても、違う角度から記事を書くことがあります。そのことによって、新聞社ごとの記事の違いが生まれます。どの新聞が正しいということはできません。一つの事件や事故は、それを見る角度によって別のものが見えてくることがあります。
大手新聞のニュースの報道には、時間的な違いもあります。ある新聞社が早く報道したことを、別の新聞社は遅れて報道することがあります。現在は通信手段が発達しているので、大幅な遅れが起きることはありません。それでも、各社ごとに報じることに関して、時間差があるのは事実です。
スクープと呼ばれるものがあります。社会に大きな影響を与えそうな出来事を、新聞などの報道することです。スクープの場合は、一社の独占になります。その社が特別なルートを使って入手した情報を、大々的に報道します。他の社も報道するのですが、スクープを出した新聞社に追随する内容になります。大手新聞ほどスクープを出しやすいです。記者の数が多いですし、報道をする情報網も大きいので、さまざまな情報を集めやすいからです。
最近の大手新聞はインターネットでニュースを報道することに力を入れています。ネットを使えば、重要なニュースを即時に報道できるからです。新聞の場合は印刷を経なければなりません。その分時間の遅れが出るので、まずネットのホームページで事件や事故を報道します。ただし、ネットの場合は常時更新されるので、記事にくらべて重みがありません。活字の新聞には文章という重みがあって、事件や事故の内容を確実に読者のもとに届ける機能を持っています。即時性は大切ですが、それにこだわり過ぎると、正確さが欠けたり、薄っぺらな内容になることがあります。このような理由から、新聞による報道は今でも重要性を持っています。この重要性がなくなることはないでしょう。